双子の出産方法の選択を迫られる。帝王切開?経膣分娩?

双子のご妊娠、おめでとうございます。予定の出産方法は、帝王切開か経膣分娩かもう決まっていますか?病院によって方針が異なるので既に決まっている方もいれば、自分で選べるので情報を集めている方もいるかと思います。どちらの出産方法にしろ、全くイメージが湧かないので不安ですよね。
私の出産した病院は、出産前の胎児の体位と状態次第で自然分娩も可能な病院でした。どちらで出産するかは自分で選択してくださいと言われていたのですが、直前までかなり悩み、最終的には経膣分娩を選びました。選んだ理由についても、記事中で触れています。

この記事がオススメな方

  • 双子妊娠が分かって、出産について心配な方
  • 自分の出産方法について知りたい方
  • 帝王切開と経膣分娩のどちらで出産するか検討中の方

帝王切開のメリット・デメリット

帝王切開については経験していないので、私が出産方法を選択する際に参考にした情報をお伝えしたいと思います。

  • メリット①: 出産予定日をあらかじめ決められる
  • メリット②:出産の時間は短時間
  • デメリット①:産後の傷が痛い
  • デメリット②:出産費用が高くなる

帝王切開のメリットの1つ目としては、出産予定日をあらかじめ決めれるところにあります。1人でも大変な乳児期なので、周りにお願いできる環境であれば、サポートをお願いしておきたいところですよね。そんなときも、出産予定日をあらかじめ決めれるのはとてもありがたいです。
ただ、単胎児の出産とは違って経膣分娩もある週数を超えたら計画分娩になる病院もあるので、気になる方は出産予定の病院に確認してみてください。
また、出産の時間も決まっていて、医療スタッフもあらかじめ手配されているので、万が一何かあった場合にもすぐに対応できる準備が整っています。

メリットの2つ目としては、出産時間は短時間で終わることです。朝から、手術の準備や麻酔の準備などはありますが、出産自体にかかる時間は短く、出産による体力的負担は少なくなります。長時間の陣痛に耐えれるか心配な方の不安は解消されるかもしれません。
また、陣痛の時間が長くなると胎児の体力も奪われていくので、胎児への負担も軽くなることも考えられます。

デメリットの1つ目としては、開腹しているのでどうしても傷が治るまでは痛みが伴うことです。特に、新生児を布団で寝かせている方は、授乳や抱っこのたびに屈む必要があり傷口が痛みます。治りかけの時などは、傷口が引っ張られて痒みを伴うこともあります。寝不足でつらいときに傷口まで痛むと、子供の面倒を見るのが嫌になってしまうこともあるかもしれませんが、病院に相談すれば授乳中でも飲める薬を準備してくれたり、家族にサポートしてもらうこともできると思うので、一人で我慢しすぎないで早めに周りを頼れれば、大きな心配はないと思います。

デメリットの2つ目としては、出産費用が高くなることです。手術費用が発生するので、経膣分娩よりは費用が高くなる病院が多いと思います。一方で、医療保険に加入していて、出産時の手術なども対象になる場合には、保険金が返ってくることもあるので、出産前にご自身の保険を確認しておくことをオススメします。保険金を請求する場合は、病院に準備してもらう書類等もあるため、出産後すぐに記載してもらうと保険金請求のためだけに病院に行く必要がなくなりますよ。

経膣分娩のメリット・デメリット

  • メリット①:産後の回復が早い
  • メリット②:帝王切開よりも費用が安いことが多い
  • メリット③:手術による癒着などの心配はない
  • デメリット①:途中で帝王切開に切り替わることがある。
  • デメリット②:病院によっては、直ぐに退院する必要がある。

メリットの1つ目は、産後の回復が帝王切開よりも早いことです。もちろん、骨盤はガタガタなので抱っこするの1つでも腰が痛かったりするのは変わらないのですが、双子は抱っこの回数も単純に2倍なので、少しでも痛い箇所が減るのは大きなメリットかなと思います。

メリットの2つ目は、帝王切開よりも費用が安いことです。私がお世話になった病院は、帝王切開と経膣分娩で10万程度値段が違ったと思います。帝王切開すると、医療保険が使えるので最終的には同じくらいの金額になるかもしれませんが・・・この辺りは、通う病院によって値段が異なるので、病院に確認してみてください。

メリットの3つ目は、手術による癒着の心配が減ることです。帝王切開で出産されている方は多いので、病院もケアは念入りにされると思いますし、大きく心配することではないと思いますが、手術すると癒着は起きる可能性は0ではないので、そういった心配がなくなるのは気持ち的に安心ではあります。

デメリットの1つ目は、双子に限ったことではないですが、イレギュラーな事態が発生した場合には赤ちゃんとお母さんの命を一番に考えて、帝王切開に切り替わることがあります。この点は、私も病院の先生から念入りに説明がありました。私は、明け方に破水して(破水かどうかわからなかったので、朝の検診時に確定したのですが・・・)、陣痛がいまいちつかなかったので、陣痛促進剤を投与しました。それでも、始め数時間は陣痛の痛みと戦ったのですが、どんどん陣痛は遠のいていき最後は吸引で出してもらいました。多胎児の場合、単胎児よりも子宮が大きくなるため、陣痛がつきにくくなる方が多いそうです。私は何とか2人とも吸引で出してもらえましたが、帝王切開に切り替わってもおかしくない状況でした。分娩室も、いつでも帝王切開に切り替えれるように手術室で分娩でしたし、陣痛からの帝王切開というフルコースのパターンもあるので、初めから帝王切開を選択するのも選択肢としては良いと思います。

デメリットの2つ目は、病院によっては帝王切開しか実施していなかったり、経膣分娩の実施基準が厳しかったりすることです。そもそも、ハイリスク妊娠のため地域のクリニックでは受け入れてもらえないことが多いです。そのうえ、経膣分娩を実施している病院となると数が限られるので、家から遠かったりすることも考えられます。なので、経膣分娩を望んでも現実的には帝王切開しか受けれないということもあるかもしれません。また、私の通っていた病院でも経膣分娩の条件がいくつかありました。そのうちの1つが、出口に近い方の子の頭が下を向いていることでした。病院によっては、二人とも下を向いているとかいうのもあるそうなので、望んでも必ずしも経膣分娩で出産できるかは分からないです。

経膣分娩を選んだ理由

帝王切開と経膣分娩のメリットとデメリットを記載してきましたが、私が経膣分娩を選んだ理由は1つでした。
【産後に出来るだけ元気な状態で子育てしたい】
妊娠中からメンタルがやられていたので、産後にあちこち痛い状態で子育てしたら、子供の面倒を見るのが嫌になるかもしれないと思ったのです。今思うと杞憂でしたが、それでも傷の痛みが無かったのは、私にとってはとても良かったと思っています。
経膣分娩を選ぶまでに、ネットサーフィンをしていて以下のような言葉を目にしました。

・帝王切開が産後の傷が痛いから経膣分娩を選ぶのは、親のエゴだ。
・経膣分娩は、へその緒が首に絡まるリスクがあって子供を危険にさらす行為だ

当時、私はこのネットの言葉で帝王切開を選ぶ方が良いのかどうか非常に悩みましたが、子供を危険にさらすだけなのであれば、先生は選択肢の1つとして提示しないだろうと思います。また、先生方は生まれるまで一日中傍にいてくれて、何かあったときにはすぐに対応してくれるので、ネットの言葉で経膣分娩を諦める必要はないように思います。

まとめ

帝王切開か?経膣分娩か?
産まれてくる子供が大事だからこそ、とても悩みますよね。どちらもメリットとデメリットがあって、どちらを選んでも正解だと私は思っています。
ただ1つ言えることは、生むのも育てるのも自分なので、周りの言葉に流されずに、担当の先生と相談して自分で決めることが大事だと思います。

最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1024" height="614" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG