双子1歳6か月 初めてベビーカー無しでお出かけ!「きゃらくるカート」が良かった件

外出時の移動は双子ベビーカーが基本のうさみん家。子供たちが1歳6ヶ月になったとき、初めてイオンモールに双子ベビーカー無しで出かけました。イオンモールにはよく行くのですが、子供たちが手を繋いで歩いてくれるようになったので、ちょっと遠出してみました。いつもは気にしていなかったのですが、よく見ると他の子たちが何やら楽しそうなカートに乗っているのに気が付きました!きゃらくるカートです!よもぎとさくらも、指差しして気になっている様子。2台見つけて早速乗せてみると・・・とってもお買い物がラクになりました!

 
よもぎ
“きゃらくるカート”にハンドルがついていて、自分で運転しているみたいだった!
 
さくら
いっぱい歩けた!電車にも歩いて乗れたわ。きゃらくるカート?あれなら乗ってあげても良いわね。
 

※注:子供たちのコメントは、アテレコです

子供たちとのお出かけが楽しかったので参考にしていただければと思います。

ベビーカー無しの良かった点

  • 機動力があり、お店に入りやすい。
  • エスカレーターに乗れる
  • 臨機応変に対応できる

機動力があり、お店に入りやすい

他の記事でもお話していますが、うさみん家は双子ベビーカーのココダブルを愛用しています。ココダブルの横幅は双子ベビーカーの中でも狭い71.5㎝ですが、改札は幅が広いところしか通れない、イオンモールでも商品の陳列のされ方次第では迂回しないといけない、人が多い時間は人が少ない道を選ばないといけないなど、それなりに気を遣うことが多いです。店舗にベビー用カートがあるのは知っていますが、双子ベビーカーで行くとまず使うことはないので、ずっと一人用ベビーカーで動けるのがうらやましかったです。

しかし、今回は1人用ベビーカーを2台お借りすることで、行きたいお店にスイスイ行くことができました!こんなに何も気にせずに買い物したのは久々だったので、とてもルンルンでショッピングを楽しめました。

ココダブルについて、以下の記事にまとめています。

関連記事

本記事は、アフィリエイト広告を利用しています。 双子ベビーカーも色々とあって、何が良いのか迷いますよね。私も妊娠前に色々と情報収集し、最終的にAir Buggyのココダブルを選びました◎新生児期から大活躍してもらい、3歳過ぎ[…]

エスカレーターに乗れる

これ、ベビーカーで移動されている方は双子とか関係なくそうだと思うのですが、電車に乗るのでも、店舗での階の移動でもどこでもエスカレーター移動ですよね。双子ベビーカーだと、エレベーターの広さによっては他の人と乗れないことも普通にあるので、何度も待つことがあります。人が多い駅前のショッピングセンターとかになると、高確率で乗れないです。5回くらい見送ったことも・・・(笑)

イオンモールでも、休日の人が多い時間だと2回くらい見送ることは普通にあるのですが、今回は手を繋いでエスカレーターに乗れたので移動がとても楽でした◎エスカレーターにも乗れますしね。

実は、あまりにもエレベーター移動が多すぎて、仕事を再開した時にエスカレーターや階段で移動できることが嬉しくてたまらなかったのは私です。

臨機応変に対応できる

子供の性格にもよりますが、よもぎとさくらは性格が全く似ていません、ベビーカーに乗っているのが大好きなよもぎと、とにかく動き回りたいさくら。だからといって、一人用ベビーカーで移動しようとすると、歩き疲れたさくらがだっこを求めて、よもぎも抱っこ・・・!となるのが目に見えています。

双子ベビーカーに乗っていても、さくらが抱っこを求めると、よもぎも抱っこを求めるので結局は、ベビーカーが邪魔になることに。

そこで店舗のベビーカーをお借りすれば、さくらが歩きたい(抱っこされたい)ときは、ベビーカーを返却することができるので臨機応変に対応できました。
今回は、”きゃらくるカート”のおかげで、よもぎは一度も抱っこを求めずにお買い物が終わりました◎

夫と一緒に、きゃくるカートは神ですか!?神ですよね!?と大騒ぎしていました◎

ベビーカー無しの気を付けなければいけない点

  • 帰りの荷物は手で持つことになる。
  • 店舗によっては、お目当てのベビーカートがないことがある

帰りの荷物は手で持つことになる

当然のことなのですが、結構盲点なのが帰りの荷物は手で持って帰ることです。ベビーカー生活に慣れすぎて、帰るときに重たいな・・・となることも。このあたりは、自家用車できたり、店舗の配送サービスを利用すれば問題解決です◎

 

 

 
さくら
双子ベビーカーの収納って便利よね。3歳になった今では、私も自分の荷物はあそこに入れてるわ。
 
よもぎ
お母さんは、100均のフックを持ち手に付けてさらに荷物かけてるよね。

店舗によっては、お目当てのベビーカートがないことがある

結構、お気に入りのベビーカートってあったりしませんか?子供と対面式のカートや外向きのカート、少し下についているカートなど色々とあって、子供の性格によっては対面式のカートは乗ってくれるけど外向きのカートは乗ってくれなかったりします。

初めての場所に行くときは、注意しておかないと、子供を説得するのに時間がかかってしまうことになります。

 
よもぎ
僕は、対面式はあんまり好きじゃないかな。景色見てたい。

イオンモール内の主な移動は「きゃらくるカート」

イオンモールの移動は店内にある「きゃらくるカート」を利用させていただきました(滞在時間は5時間程)◎

キャラクターはそれぞれ息子がアンパン〇〇と娘は白猫。

息子は歩くよりベビーカーライフ楽しむ達人だったため、「きゃらくるカート」についているハンドルやレバーで遊びながら終始ご機嫌よく乗っていました。

娘は白猫が初見だったこともあって乗ってくれていましたが、元々ベビーカーに乗っているより歩くが好きだったので、2~3時間くらいしたら出せー!といっていました。途中で、ヨモギのカートに移りたそうな仕草もあったので、知らないキャラクターが嫌になったのかもしれません。

子供に馴染みのあるキャラクターや、座席の前についているオモチャが、子供たちが飽きない理由かなと思います。

3歳になった今でも、楽しそうに乗っています。が、1つだけ気になることがあれば、人気過ぎて休日の昼間に行くとカートが見つからないことが多いです。また、年齢が上がって好きなキャラクターができると、〇〇が良い!〇〇じゃないと乗らない!と言われることがあります。イヤイヤ期×2の時期は、キャラくるカートに乗せる方が大変だったので、あえてベビーカーで移動していました。

でも、イヤイヤ期以外は荷物をおけるスペースは多いし、喜んでいる子供の写真を撮れたりと、良いこと尽くしでした。

最後に

子供が生まれてきてから移動のハードルが高かったので、子供たちが歩けるようになって少しハードルが下がり楽しめました。出先の施設を活用すればさらに下がると思いますのでこれからもご紹介できればと思います。少しでもお役に立てれば幸いです。

ご家庭によっては、抱っこを求められたときヒップシートや抱っこひもがあるといいかもしれません。
双子との移動手段については、以下の記事にまとめています。

関連記事

本記事は、アフィリエイト広告を利用しています。 乳児期の双子を連れてのお出かけ、どうされてますか?私は首すわり前はそんなにお出かけしないだろうし、ベビーカーさえあればどうにかなる!って思ってたので、ベビーカーだけ事前に何買う[…]

以上、初めてベビーカーなしでお出かけしたときのお話でした。

最新情報をチェックしよう!
 data-src=最強のWordPressテーマ「THE THOR」" width="1024" height="614" >

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG